Concept

人間関係は急速に、閉鎖的な「縦」から共感経済の「横」に拡がっています。それに伴い、私たちの住まい方、働き方はより自由になりました。自由になったからこそ、「場」の価値は、誰と繋がれるか、出会えるか、になった気がします。繋がりが育むゆるやかな共同体=コミュニティが、一人ひとりのワークスタイルやライフスタイルを拡張させていく、そんな時代になったのではないでしょうか。

 

九州のほぼ中心にある、大分県竹田市。日本らしい文化と生活様式が息づく城下町で、とても素敵な場所を手に入れました。はなれのある2階建ての古民家。大手企業のCM撮影にも使われたこの敷地内には、「滝」が流れています。満天の星空と、滝の音と。都会の喧噪から離れ、日常とは異なる繋がりを育む場所で在りたい、その願いをこめて「ほしとたきのいえ」と名付けました。

 

「ほしとたきのいえ」は現在、複数名の有志で運営しています。家賃や諸経費を少しずつ折半して、年間を通じて不定期に集まり、竹田で過ごすゆるやかな時間を楽しんでいます。仲間は随時募集中。ご興味があれば、CONTACTからお気軽にご連絡ください。「いつでも帰ることのできる場所」を手に入れてみませんか。

Service

料金:一棟貸し 20,000円(1泊2日)

※3泊以上の長期滞在希望の場合は個別にご相談ください。

 

備品類:

  • Wi-Fi完備
  • 天然水(施設内に美味しい湧き水が出ています)
  • コーヒーメーカー(カプセルは有償です)
  • ホワイトボード
  • 冷蔵庫、キッチン
  • 醤油など調味料(ご自由にお使いください)
  • 暖房器具、扇風機
  • 寝具類
  • タオルケット
  • 洗濯機(洗剤含め無料でご利用可能です)
  • 洗面所、お風呂(シャンプー、リンス、ボディーソープ)
  • 焚き火台(薪は付属しておりません。市内のホームセンターなどで調達ください)
  • BBQグリル(炭は付属しておりません。調達ください)

 

「ほしとたきのいえ」は、一棟貸しの施設となります。

囲炉裏のある母屋の一階は、布団を敷くことで3人が就寝可能です。同じく2階には2段ベッドが2台あり、4名の就寝が可能。個室の離れは和室となっており、大人4名まで就寝可能です。母屋の1階にトイレがございますので、プライバシーを確保されたい場合、2階か離れでの就寝をお薦めいたします。

Area & Activity

大分県竹田市。「たけだ」ではなく「たけた」と読みます。400年以上前に岡藩の初代藩主・中川秀成公が城下町をつくり、政治・経済・文化の要衝として栄えてきたまち。その面影を残し、JR筑豊線竹田駅の目の前は碁盤の目状に整理され、昭和を感じさせる商店が建ち並んでいます。

すれ違う子供たちは、「おはよう」「こんにちは」と元気に挨拶してきます。外から来た人々を快く受け入れてくれる住民と、人の個性が立った城下町に魅せられてUターン、Iターンしてきた余所者とが融合し、まちの至るところで人と繋がることができます。城下町特有の慣習、祭事ごとは、豊かなコミュニティを育み、まちなかにはクリエイティブが溢れています。

食の充実振りは言うまでもなく、周辺には数十の日帰り湯と「別府」「由布院」「長湯」といった有名温泉街に溢れています。九州中の観光名所へのアクセスも抜群で、阿蘇外輪やくじゅう高原、日南の豊かな海や神話の国高千穂など、東西南北、車でどこに向かっても見所ばかりです。1日2日ではなく、数日間の滞在をオススメしたい、そんな場所に「ほしとたきのいえ」は位置しています。

Calendar

Access

熊本空港からはバスで2時間、レンタカーなら1時間半。大分空港からは車で2時間半。アクセスは良い方ではありませんが、自然と城下町文化が感じられる、情緒溢れるエリアです。羽田空港(東京)から熊本空港/大分空港までは、JAL/ANAのほか、LCCのソラシドエアーが就航。伊丹空港(大阪)からは同じくJAL/ANAのほか、天草エアラインが就航しています。料金は、おおよそ片道7,000円〜15,000円となっています。

Contact